VMware Workstation Pro 14がLinux Kernel4.13で動くようにする

Linux Kernal 4.13がやっと動いた

私のマシンでは長らくLinux kernel 4.4系しか動かなかったのですが、Oracle VirtualBoxの関連コンポーネントを根こそぎ削除したところ4.13系が動作しました。ですが…

VMware Workstation Pro 14上の仮想マシンが起動しなくなりました

具体的には次のようなエラーメッセージが表示されます。

unable to reserve memory

could not lock memory

failed to switch to 64bit mode

VMware Workstation がkernel4.13に対応していないことが原因のようです。Kernelに対する命令であるglobal_page_stateが4.13以降でglobal_zone_page_stateに変わったことが原因です。有志の方がこれに対応するパッチを作成していたので、これを用いて対処していきます。

次のコマンドでパッチを当てることができます。

sudo -i
cd /tmp
cp /usr/lib/vmware/modules/source/vmmon.tar .
tar xf vmmon.tar
rm vmmon.tar
wget https://raw.githubusercontent.com/mkubecek/vmware-host-modules/fadedd9c8a4dd23f74da2b448572df95666dfe12/vmmon-only/linux/hostif.c
mv -f hostif.c vmmon-only/linux/hostif.c
tar cf vmmon.tar vmmon-only
rm -fr vmmon-only
mv -f vmmon.tar /usr/lib/vmware/modules/source/vmmon.tar
vmware-modconfig --console --install-all

コマンド実行後に再起動を行うことで、VMware Workstationが正常に動作します。


参考文献

Arch Linux User Forums VMWare Workstation 14.0 – not enough physical memory

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください