最近のスマホ

最近のスマホは全くおもしろくない


なぜかというとSoCが決まりきっているからだ

   ここ半年でdocomo auから発表されたAndroid端末を見るとそのほとんど全てがQualcomm社のSnapdragonシリーズで統一されているからだ。

   一昔前までは、nVidia社のTegraシリーズ、テキサスインスツルメンツ社のOmap シリーズなどメーカーや機種のグレードによって様々なSoCが使われていたが、今は口裏を合わせたかのようにほとんどの機種でSnapdragon 800シリーズを搭載している。

   確かに最近のLTEのWANチップで日本でまともに使えるのはQualcommのものしかないかもしれないがIntelだって日本の規格でも使えるような製品を出しているわけだし、もっと選択の幅を広げてもいいと思う。最近だとTegra K1や atomプロセッサーが搭載された海外機種も少なからずあるのだし、日本のメーカーもQualcomm社製のものばかり使ってないで、nVidiaやIntelのものを使ってもいいと思う。

   これから先Wintelなんて感じでQualcommとAndroidがセットみたいな感覚にはならないで欲しい。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください